本当にシミに効く化粧品ってあるの?

シミに効く美白化粧品はたくさん販売されていますが、「シミが消えてなくなった!」って聞いたことはあまりないのではないでしょうか?シミ、そばかす予防としての美白コスメは実感できても、できているシミを消したいですよね。

 

できているシミに消す、メラニン色素を還元しシミを消せる「本当にシミに効く化粧品」はハイドロキノンといってネットで販売されているんです。

 

ハイドロキノンは生産されて日にちが経つと酸化し美白効果が落ちるのでドラッグストアの店頭などでは売られてないのであまり知られていません。ちゃんとそのシミに効く化粧品を使ってシミを消したという情報、口コミもたくさんあります。私も10代後半からできたシミを消すことに成功しました。

 

本当にシミに効く化粧品ランキング

ビーグレン ホワイトケア トライアルセットの特徴
セレブコスメとして知られるビーグレンの美白ケアセットです。浸透しにくいハイドロキノンを独自の浸透テクノロジーQuSomeでしっかりとシミまで届けて素早く美白ケア。365日返金保証があるのも嬉しいですね。

  • クレイウォッシュ(15g)
  • QuSomeローション(20mL)
  • Cセラム(5mL)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
価格
1,800
評価
評価4.5
美白成分
ハイドロキノン
アンプルール ラグジュアリーホワイトの特徴
できてしまったシミのメラニン色素を白く消していくハイドロキノンを配合したコンセントレートHQ110を含むシミを消すための美白化粧品お試しセットです。

ラグジュアリーホワイト トライアルセットの内容

  • コンセントレートHQ110
  • ローションAO II
  • 薬用アクティブフォーミュラ
  • エマルジョンゲルEX
価格
1,890
評価
評価5
美白成分
ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体

 

ハイドロキノンの美白効果と働きについて

 

あらゆる女性のお肌の悩みの上位にランクインするのが乾燥やしわよりも、、、やっぱりシミですよね。いくら気を付けていても日常生活をしていく以上シミのもとになるメラニン色素は増え続けていくばかりです。

 

しかし今美容業界だけではなく医療業界でもその効果が話題になっているのがハイドロキノンという美白に特化した成分です。ハイドロキノンはシミを予防する成分ではなく、今できてしまっているシミに効果があるとされている成分です。

 

シミにはハイドロキノンて本当?

 

シミに対するハイドロキノンの効果にはどのようなものがあるのでしょうか。ハイドロキノンの効果としてあげられているのは、、まずは、シミのもとになるメラニン色素を作り出してしまう困った細胞である、メラノサイトに直接効果を発揮します。

 

すでにお肌に作り出されてしまったメラニン色素を減少する働きとともに、これからメラニン色素が作り出されるのを抑えてくれる働きをしてくれます。

 

これは、一般的なプラセンタ、ビタミンC誘導体、アルブチン配合などの美白化粧品などにはない効果であり、プラセンタ、ビタミンC誘導体やアルブチンの効果はシミを予防し続けていく効果は認められているもののシミを消す効果は期待できません。

 

美白の効果を上げるには

 

美白の効果を上げていくためのスキンケアに大切なのは、もちろん日ごろからの紫外線をカットするスキンケア対策です。毎日の日焼け止めクリームはもちろん美白効果が高い基礎化粧品を使用することもいいでしょう。

 

しかし、できてしまったシミを消すことまで考えると、直接的にシミを消す方法を考える必要があります。そのためには、レーザーなどの美容医療や、ハイドロキノンのような医学的に効果が認められている成分をうまく取り入れる必要があります。

 

紫外線には注意が必要

 

紫外線とハイドロキノンは独特の関係があります。紫外線から体を守ろうとしてシミやそばかすができてしまうことで迷惑な扱いをされているメラノサイトではありますが、一方で紫外線に対する防御力を上げているという見方もできます。

 

そのメラノサイトの動きを弱めることでシミやそばかすに効果を出すハイドロキノンですので、ハイドロキノンの光毒性でお肌に対するダメージを与えてしまいます。

 

そのため、ハイドロキノンを使用しているときは紫外線に当たらないようにすることが大切です。ハイドロキノンを塗って紫外線に当たることでさらなるシミを余計に作ってしまう可能性があるからです。

 

ハイドロキノンの使い方

 

まずどのような注意点が必要かというと、先ほどお話した光毒性がありますので使用は基本的には夜間がおすすめです。寝る前のスキンケアの中で取り入れることが一番安全な使用法方です。

 

また、昼間も使えるハイドロキノンのクリームなどもありますが、そういったコスメを使用する場合も、念のため日焼け止めクリームを併用して使うことをおすすめします。

 

シミを予防する効果もありますので、併用して損はありません。また、屋内にいてもある程度の紫外線に当たってしまうことは避けられません。ハイドロキノンを塗ったまま紫外線に当たってシミが増えてしまっては仕方ないので、UV対策には気を付けましょう。

 

ハイドロキノンはどこで手に入るの?

 

ハイドロキノンはドラッグストアやバラエティストアなどでは基本的には販売されていることはあまりありません。これには理由があって、ハイドロキノンはすぐに酸化してしまうので新鮮なうちに使用する必要があったり、冷暗所で管理する必要があるからです。

 

ハイドロキノン配合の化粧品を出しているWEBのコスメメーカーからネット通販したり、美容皮膚科などで処方してもらうことが一般的です。

 

⇒ シミに効くハイドロキノン化粧品はこちら

 

※ハイドロキノンが化粧品や個人のスキンケアに使用できるようになったのは日本では2001年からですが、海外ではもっと前から使用されてきたという実績のある成分です。

 

シミができるメカニズム

 

お肌に一度できたシミは簡単には治りません。シミができ始めると徐々にシミが広がっていき、その内メイクで隠しきれないほどになってしまうことも少なくないです。

 

「どうしてこんなにシミができてしまったんだろう…」と途方にくれてしまうこともあるでしょう。このシミができるメカニズムとは何なのでしょうか。できてしまったシミに悩む前にシミができるメカニズムを学んでおきましょう!

 

紫外線ビシバシ!細胞ガードのために発生する「メラニン」

 

シミの大きな原因になる要素は「紫外線」です。実は紫外線にあたりすぎるとお肌にはとある流れが発生するのです。紫外線にあたるとお肌に活性酸素という老化の原因とされる有害物質が発生します。

 

これのせいで細胞に異常が起こって変化したり、細胞が死滅してしまうことがあります。それを防ぐために情報伝達物質を出して、メラノサイトがメラニンの生成を命じます。メラニンとはそもそもお肌を活性酸素から守るために発生するものなのです。

 

チロシナーゼが酸化してシミづくりを後押し!?

 

本来は紫外線からお肌をガードして、活性酸素からお肌を守るためのメラニン色素なのですが、これはたくさん分泌されると問題が起こります。お肌を守るようにと指令を出されたメラノサイトはシミの原因物質であるチロシナーゼという酵素を発生させます。

 

このチロシナーゼが酸化してしまうとチロシンという物質になり、これがお肌に影響を与えるのです。チロシンはメラニンを変化させてしまう働きがあり、シミづくりを後押しします。このチロシンのせいでシミが出来上がってしまうのです。

 

メラニンは通常ならターンオーバーで剥がれおちる!

 

メラニンは通常ならお肌のターンオーバーで剥がれおちて、お肌に影響を与えません。ただし過剰に分泌されすぎて積み重なって蓄積されたメラニンやお肌のターンオーバーがしっかりできていなくて残ってしまったメラニンはお肌に沈着してしまいシミになります。これがシミができてしまうメカニズムなのです。

 

紫外線にあたりすぎてメラニンが過剰に分泌されると、お肌は徐々にメラニンに浸食されて、気づけばシミが酷い状態になります。そうなる前に必要以上にメラニンを発生させないように紫外線対策に気をつけたり、普段からお肌のターンオーバーを整えるようにしましょう。

 

シミがくっきり出てくる前に徹底ガードで防御しよう!

 

シミを作らないためにはシミがくっきり肌に現れる前に何らかの対策することが重要です。メラニンを蓄えないように日焼け止めを塗ってあらかじめ紫外線対策をしたり、肌のターンオーバーを整えるためにビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどの栄養素を積極的に取ることがおすすめです。

 

他にもピーリングして古い角質を剥がし落とすこともシミ対策に繋がりますし、お肌の漂白剤とも呼ばれているハイドロキノン入りの美白クリームなどでケアをすることもシミには効果があるでしょう。このようなシミ対策を頑張ってみてください。

 

シミができる原因はメラニンが蓄積されてそれがお肌に現れるからです。シミがお肌に現れる前にしっかり対処するとシミができることを防げます。メラニンがシミになってしまう前に対策を頑張りましょう。そうやってシミができる前に徹底ケアするとシミからお肌をガードできますよ。

 

⇒ 本当にシミに効く化粧品ランキング

 

シミができるのを予防する対策

 

すでにできてしまったシミを後で消そうとする行為は、そう簡単に成果が出るものではありません。シミはできてしまったらもう遅く、それを無くすことは相当難しいのです。

 

それよりもシミができる前に予防対策する方がずっと楽でしょう。シミを撃退するのに最も効果を発揮するのは予防対策をすることです。それでは詳しくシミを予防対策する4つの方法をご紹介しましょう。

 

紫外線から守る!日焼け止めは毎日使うこと

 

美白の基本は紫外線から肌を守ることです。紫外線があたるとどんどん肌はダメージを負います。ダメージを負った肌の細胞を守るために体が伝達物質を出しメラニンが作られて、そのメラニンがシミの原因になります。

 

だからそうなる前に紫外線からしっかり肌を守ってメラニンを生成しなくていい状況を作ることが大事なのです。このために重要な働きをするのが日焼け止めです。

 

日焼け止めは紫外線から肌をガードする効果が強く、細胞のダメージを軽減させて、そのおかげでメラニン生成を阻めます。紫外線は夏だけではなく、秋も冬も年中あたっていて肌にダメージを与えます。年中しっかり日焼け止めを塗って、シミ予防をしておきましょう。

 

紫外線対策グッズでシミ対策

 

日焼け止めはもちろん大切ですが、実は日焼け止めだけでは紫外線をシャットアウトすることはできません。現在はUVカット対策用のグッズはいくつも販売されています。

 

人気があるのはそれが紫外線対策に役に立ち、シミを対策してくれるからです。日焼け止めと伴わせて、このUVカットグッズはフル活用しましょう。

 

UVカット用のつばが長い帽子、UVカット用の日傘、UVカット用のファンデーションなどいろんなUVカットグッズを日焼け止めと一緒に使うことで、シミを予防対策することができます。日焼け止めだけ塗ったら大丈夫と油断していないで、このようなグッズもしっかり活用してみてください。

 

メラニン排出のために保湿ケアに力を入れて!

 

シミはメラニンが蓄積したせいで、できるものです。紫外線などの影響でメラニンがたくさん蓄積されてシミになります。この肌に溜まったメラニンは排出することが大事であり、そのために必要なのは「肌のターンオーバー」なのです。

 

肌のターンオーバーがうまくできて、メラニンが剥がれおちるとシミの原因が解消されます。このメラニンを排出するために保湿スキンケアをしましょう。潤ったお肌というのは肌が健康的で肌のターンオーバーが良好です。逆に乾燥したお肌は肌のターンオーバーが悪くなってしまい、古い角質が蓄積され続けてシミができます。

 

しっかりメラニンを含めた古い角質が排出されないとシミができる原因を作ります。ですから肌のターンオーバーをよくするためにしっかり保湿スキンケアするようにしてください。これがシミ予防対策になります。

 

肌のターンオーバー改善のために睡眠を取って!

 

先ほどもお話しましたが、メラニンは蓄積されるとシミになり、蓄積されたメラニンを排出するためには肌のターンオーバーを正常化させることが大事です。この肌のターンオーバーは寝ている間に活性化され、午後10時〜午前2時に一番活性化されます。ですからこの時間に睡眠を取りましょう。

 

この時間を含めたころに眠っていると、肌のターンオーバーがしっかり働いてくれます。蓄積されたメラニンを排出するためにはこの時間帯にしっかり眠ることが大事なのです。

 

午後10時からしっかり眠るようにすれば、シミの原因のメラニンを剥がし落として、シミをしっかり予防してくれるでしょう。シミ予防対策として睡眠にこだわりましょう。

 

⇒ 本当にシミに効く化粧品ランキング

 

シミ予防に役立つ栄養、食品

 

女性のお肌の悩みで一番多いのは、シミと言われていますが、20代前半まではなかったシミが、だんだんと増えていき、30代をすぎると色も濃くなって、しかも肌もくすみがちになり老けた印象になっていきます。

 

毎日美白ケアのためにお手入れを頑張っているのに、なかなかお肌が改善されないと悩んでいる人はいませんか?年齢のせいだと諦める必要はありません、シミはスキンケアだけはなかなか消えにくい物ですから、毎日の食事やサプリ、栄養食品で身体の中からも改善していきましょう。

 

シミ対策にはビタミンC、ビタミンA

 

抗酸化物質は、シミを消すことに友好な成分で、ビタミンが多く入っている食べ物がおススメです。ビタミンCといえば思い浮かべるのは、果物だと思いますが、果物ではイチゴやキウィがおススメで、野菜で、ビタミンCが多く含まれているのは、パプリカ、ピーマン、カリフラワー、ブロッコリーで、この野菜を積極的に取り入れるとよいです。

 

ビタミンCは熱に弱いので、野菜をラップで包み電車レンジで加熱する方法がオススメです。シミを撃退するビタミンAは肌を活性化させ、正常にしてくれる働きがあります。ビタミンAの代表的な食べ物は緑黄色野菜です。

 

主にかぼちゃ、ほうれん草、小松菜、人参、パセリ、ニラで、βカロテンは油と炒めると吸収率が高まります。他には、うなぎ、鳥レバー、牛乳、卵黄、チーズなどがあります。

 

リコピンの強い抗酸化作用が効果的

 

リコピンとは、トマトの赤い色素に含まれる成分で、活性化酸素を撃退してくれる力が強力で、βカロテンの2倍、ビタミンEより100倍強い活性酸素を抑える力をもっています。

 

トマトを簡単に取り入れるには、朝にトマトジュースを飲むことです。朝が一番リコピンの吸収が高くトマトジュースと牛乳を割って飲むとトマトと相性バツグンです。

 

メラニンの生成を抑制するLシステイン

 

Lシステインは、美白の栄養素といわれ、お肌に溜まったメラニンを排出してくれる作用があります。Lシステインは、食品の中には 存在しないので、意識してメチオニンを含む食べ物を摂取する必要があります。

 

メチオニンを多く含む食べ物には、マグロ、鶏肉、豚肉、牛肉、牛乳、チーズ、納豆などがあります。

 

美白サプリもおすすめ

 

食べ物で、補いにくい時には、栄養補助食品の美白サプリを摂取し、スキンケアのWケアをするとよいでしょう。美白サプリは、できてしまったシミやそばかすを薄くする効果、メラニンの生成を抑えて、シミを予防する効果があります。

 

サプリの選び方は、シミやそばかすに有効な美白効果が高いものを選び、一緒に抗酸化作用が高い、ビタミンEやビタミン群が入っているものを選ぶとより高い効果が得られます。

 

オススメのサプリは、ロスミンローヤルで、美白成分と言われるLシステイン、アスコルビン酸、ビタミンE.B群が豊富に入っています。9種類の生薬が小じわや肌荒れにも効き、アンチエイジングにも効果的です。